税務に関して

税務情報

スイッチOCT医薬品って?

今年2017年1月1日から、特定の医療品購入に対する新しい税制「セルフメディケーション税制」が始まりました。これは以前からある医療費控除の特例という位置づけで、セルフメディケーション、つまりふだんから自分の健康管理を心掛け、きちんと健康診断等を受けている人が、一般の市販薬を購入した際に所得控除を受けられるようにする制度です。国民が自身の健康管理を促進することにより、病院等に係る頻度が少なくなり、最終的には国が負担する医療費全体も抑えられるとの意味合いがあります。

この対象となるのがスイッチOCT医薬品で、医師の処方が必要な医療用医薬品から転用された有効成分を含む医薬品を言い、対象となる薬にはかぜ薬や鎮痛剤などがあります。(注1)

このセルフメディケーション税制を受けるには以下の3つ要件が必要です。

1.所得税や住民税を納めている人で、健康増進 のための取り組みを行っている人。具体的に は「特定健康診査(メタボ健診)」「予防接種」 「定期健康診断」「健康診査」「がん検診」を 受けている人(注2)

2.2017年1月1日以降に、市販薬のうち、医療 品から転用された特定成分を含む医療品を年 間12,000円を超えて購入している人[12,000円を超えた部分の金額(上限金額 88,000円) について所得控除を受けることができます]

3.確定申告を行うこと
これまでの医療控除の制度では、1年間(1月1日〜12月31日)に自己負担した医療費の合計金額が10万円を超えなければ利用することができませんでしたが、セルフメディケーション税制ではスイッチOCT医薬品の購入金額が12,000円を超えると、確定申告により所得控除が受けられることになります。ただし医療費控除とセルフメディケーション税制の併用はできませんので、どちらかひとつを選ぶことになります。

スイッチOCT医薬品を購入したときの領収書には、他の医薬品と区別できるように、購入時のレシートには商品名の横に★印やセルフメディケーション税制対象と記載されています。

たとえば課税所得が400万円(所得税率20%)の人がこの税制を活用した場合、その医療費の支払額が5万円とすると、

・所得税[50,000−12,000=38,000円]×20% → 7,600円の減税効果

・住民税[50,000−12,000=38,000円]×10% → 3,800円の減税効果

→ 合計 11,400円の減税効果となります

注1:2017年2月14日時点で、厚生労働省のWebサイトに記載されている医薬品は1,601品目が対象となっています
注2:健康増進の取り組みを行っていることを明らかにする書類については、氏名、取り組みを行った事業保険者、医療機関の名称若しくは医師の氏名等の記載があるものに限ります

 

一覧に戻る

ご相談だけでも大歓迎!まずはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら
  • 顧問料のお見積り
  • 確定申告のチェックポイント
  • 確定申告の基本事項