税務に関して

税務情報

お酒の購入は今月中がお得!?

最近スーパーなどで「10月から発泡酒の値段が上がるので今月中の購入がお得!」という宣伝広告を見かけたりしますが、過去にもそのようなことがあったと記憶している人もおられるのではないでしょうか。2017年4月の酒税法改正では酒税品目の種類や税率の変更が決定され、2026年10月までにビールや発泡酒、第三のビールなど醸造酒類も含めた税率が段階的に変更されることになっています。たとえばビールを含めた発泡性酒類の酒税の推移については以下のようになっています。

  現在 020/10/1 023/10/1 2026/10/1
ビール 77円 70円 63.35円 54.25円
発泡酒 46.99円 54.25円
第三のビール 28円 37.8円 46.99円 54.25円

上記の表を見ると現在ビールの酒税が最も高く今後段階的に引き下げられていくことがわかります。麦芽比率が25%未満の発泡酒は2026年まで据え置かれます。第三のビールと呼ばれるその他の発泡性酒類については段階的に引き上げられ2023年10月には発泡酒と同じになることから、発泡酒と第三のビールの区別はなくなります。また2026年10月にはビール、発泡酒、第三のビールの区分がなくなりは発泡性酒類として一本化され、酒税も同じ税率に統一されます。

つまり今年10月から増税の対象となるのは第三のビール(その他の発泡性酒類)なので、その購入を考えている方は今月中に購入することをお勧めします。逆にビールは今年10月から販売価格も下がると予想されるので、その購入を考えている方は来月まで購入を待った方がよさそうです。

それではその他のお酒はどうでしょうか。

  現在 2020/10/1 2023/10/1 2026/10/1
日本酒類 42円 38.5円 35円
ワイン類 28円 31.5円 35円
チューハイ等 28円 35円

日本酒類は値下げ傾向、ワイン類は値上げ傾向となっており、酒税はどちらも2023年10月に統一されることになっています。またチューハイなどの低アルコール飲料は特別税額となっており、2023年までは据え置きですが、2026年には日本酒類、ワイン類と同じ税率に統一されます。

飲みたいときが買い時であるとは思いますが、購入を少し早めたり先に延ばしたりするだけで損得があるのであれば、購入時期を考えるのも一案かと思います。

・発泡酒
表には記載していませんが、発泡酒には麦芽比率25%以上50%以下のものもあります。これらについては2020年10月より3円、2023年10月より4円の減税となっています

・第三のビール
新ジャンルとも呼ばれ麦芽比率50%未満の発泡酒にスピリッツなどを加えたもの、または、糖類、ホップ、水及び麦芽以外のもの(穀物など政令で定めるもの)を原料として発酵させたものなどをいいます。具体的に販売されているもののほとんどはリキュール(発泡性)に該当する商品となっていますので、缶の表示で確認することができます

一覧に戻る

※当ホームページはすべて税抜きで金額を表示しております

ご相談だけでも大歓迎!まずはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら
  • 顧問料のお見積り
  • 確定申告のチェックポイント
  • 確定申告の基本事項